年代による考えの違い|藤和ハウスなどの企業が行なう空き家の管理方法について知ろう

藤和ハウスなどの企業が行なう空き家の管理方法について知ろう

一軒家

年代による考えの違い

空室

賃貸マンションを借りる人借りないひと記事

マンションを借りる時、賃貸マンションと分譲マンションのどちらが良いでしょうか。この議論は昔からありますが、年代によって変わってくるようです。 例えば20代であれば分譲マンションを購入する人は少なく、賃貸マンションを借りる人が多いのです。 その理由のひとつに金銭的な問題があります。例えば、初期費用だけ見ても賃貸マンションのほうが圧倒的に安いわけですし、割と自由に退去することができるからです。 ところが分譲マンションを購入してしまうと、何十年もそこに住む人が多いのですが、20代の場合は割と自由に住む場所を変えたいと言う人が多いのです。 また20代の場合はもし分譲マンションを購入した場合は、頭金だけで分譲マンションの金額の20パーセントほどは用意しなければなりません。3,000万円のマンションであれば600万円を手元に準備しておかなければならないことになりますが、そこまでお金を動かせる人はごく一部なのです。

30代のマンションに対する価値観

これに対して、30代になると20代の頃とは違った価値観を持つようになります。 30代は賃貸マンションよりも分譲マンションに住んでいる人の方が多く見られます。なぜ20代と30代でこのような違いが出るのでしょうか。 30代になると、ライフスタイルの変化が見られることです例えば今まで独身だった人が結婚したり、子供がいなかった家庭に子供が生まれることが多いからです。今まで1人だった暮らしが、3人から4人に増えると住まいに対する価値観も変わってきます。 賃貸マンションの場合は、どちらかと言うと仮住まい的な考え方を持っている人が多く、家族を持った場合には持ち家を選択することが多いのです。 このようなライフスタスタイルの違いから、20代と30代では住宅に対する考え方も違うのです。