価値観の変化|藤和ハウスなどの企業が行なう空き家の管理方法について知ろう

藤和ハウスなどの企業が行なう空き家の管理方法について知ろう

一軒家

価値観の変化

説明

20代の住宅に対する価値観とは

20代の住宅に対する価値観はどんなものでしょうか。 20代というと学生も多いですが、20代中頃や後半にもなると働いて一人暮らしをしている人もたくさんいます。 これをマンションについて考えて見ると、20代は分譲マンションを購入するよりも賃貸マンションを借りた方がよいと考える人が多いのです。一部結婚をして子供がいる家庭を別にすれば、分譲マンションを購入するのは、伴侶と子供ができてからで良いと考える人が多いのです。 また、最近は、就職しても実家から出ようとしない20代もたくさんいます。これに関しては、単に親に甘えているだけでなく、外に出て家を借りるぐらいなら実家にいたほうがお金の節約になると考えているのです。

30代の住宅の価値観とは

ところが、30代になると住宅の価値観もまた変わってくるのです。30代になるとライフスタイルの変化が現れやすいのが、結婚や出産です。今まで1人で暮らしていた人でも結婚をして、あるいは子供が生まれて家族が増えることで住宅に対する価値観も変わってきます。 30代の傾向としては賃貸マンションなどの賃貸物件よりも分譲マンションのように自分の家を持つことを望むのです。 なぜなら、賃貸マンションのような物件には家族住まいの大きさの物件が少ないからです。また賃貸マンションなどでは、仮住まいと言うイメージが強く、家族を持った以上は自分の家を持ちたいと思うのです。 子供が居る場合には、その家に子供が住むかどうかは別として、資産として残しておきたいという親心が芽生えます。